ブログトップ
<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
水色小紋でお仕事
d0141636_1111713.jpg ちょうど出勤する時、暴風で電車が止まり休日だった夫に車で送ってもらいました。
ハードコンタクトをしているので、一歩外に出た瞬間から目にゴミが入って涙まみれでやっとの思いで駅に着いたのにホームで30分も待たされた挙句復旧の見込みなしと言われ行列のバス停まで行ったらまたゴミ入って目が開けられないので仕方なく夫に電話したのでした。d0141636_11111427.jpg 
 この小紋、どうも裄が短い気がして測ってみたら2cmも足りなかった…。次回の和裁教室で裄出ししようと思います!身幅や身丈が大きめだったので裄もあるだろうと勝手に思いこんでいたようです。
 帯は、大輪の菊と桜の花びらが染められているもので先日着た黒地の飛び柄小紋と一緒に購入したちりめんの名古屋帯です。
 帯揚はくすんだ濃いピンク地に小紋柄の入ったもの
 帯〆は真田紐 帯留は箸置きに帯留用金具をボンドで貼り付けた手製
[PR]
by hudankimono | 2012-03-31 23:10 | キモノでお仕事
飛び柄小紋で刺繍展
d0141636_2022081.jpg 随分暖かい日でした♪
黒地ちりめんの飛び柄小紋を着ました。
5年くらい前に呉服屋さんでお誂えしたものなので、持っている着物の中では「高級」な方です。普段バンバン着るという感じではなく、何かあった時に着ることが多かった一枚です。誕生日に食事とか、お姑さんや親戚と会食とか、着付け学院の試験用とか・・・。d0141636_2023065.jpg 寸法が合っていないので、仕立て直そうかどうしようかなーと出してあったので着てしまいました!
 帯は塩瀬なごやで軽快に♪暖かくてランチを食べた後は暑くて帯付きで歩いていたくらいです。
 帯揚はラベンダーちりめん
 帯〆はチョコレート色×ミントブルーの丸組
d0141636_2094314.jpg有楽町のいちにぃさんでランチです。
ぶた食べました☆これで1,050円!!いーんでしょーか。ボリュームも満点でちょっと残しちゃったり。あ、ビール飲んだからです。美味しかったです。とん汁がまたごっつい大きな椀で飲み干せません!具もいっぱいだし甘くて美味しい!人気店で賑わっていました。d0141636_2015278.jpg

 和裁教室で一緒の方の作品も出るという刺繍展へ行きました。
まー惚れ惚れします。ため息が漏れまくりました。素敵ックスな作品がずらずら~っと並んでいて『欲しいわぁ』と思うものがたくさんありました。
 刺繍体験も出来るようで、皆さん一生懸命刺していました。真剣に習いたい!と思いました。何年もかからないと帯まで刺せるようにはならないようですが…。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-29 20:19 | キモノでお出掛け
黄金紬でお仕事
d0141636_1030746.jpg いただきもののシャリっと紬です。水に強い大島タイプなのでコートなどに向いている生地ですね。角度によって光沢があるまさに「黄金」色です!細い格子はグリーンで八掛の色も地味めなグリーンが付いています。
胴裏の古さが気になり始めたので、そろそろ洗い張りして仕立直そうかなとも思うのですがサイズが合っているので、どうしても後回しになってしまいます…。d0141636_10302288.jpg 帯は、もうすっかり元が取れました。激安で購入した紬地にカトレアが染められている九寸なごやです。虫食い穴がちょうど見えない位置だったので気にせず締めます!
紬の帯は紬の着物に、というのは着付け教室で教わりました。よく染めの着物に織の帯といいますが、紬の帯は織の帯ではないと知ったのもお教室でした。私もそうでしたが、紬の帯を織の帯だと思っている人案外多いと思います。厳密に言うと織の帯=西陣とかの格高のもののことをいうようですね。
d0141636_10403999.jpg いつもの赤地に細かい白のドット襦袢に縫い付けてある半襟はこれです。
正絹ですが、古くてシミなんかがちょこちょこある白生地のハンパものが激安で出ていたのでどさっと購入し、半襟の大きさに切って、縫い付けています。襦袢を洗うタイミングで半襟は使い捨てです。
地模様がくっきりしていて、年月が経ったせいでいい感じに生成り色に変色しているので普段着にはちょうど良いです。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-28 23:29 | キモノでお仕事
えんじ色小紋でお仕事
d0141636_846472.jpg スッキリと良いお天気になりました!朝から気分が良くなります…が、まだ寒くて肩をすぼめて歩かなくてはなりませんでした。
 久しぶりのえんじ色の柄の小紋を着ました。ここのところ太り続けているのでちょっと着ていない着物を引っ張り出すと心配で仕方ないです。
d0141636_8465546.jpg 帯もちょっと久しぶりの格子の八寸なごや。古くからある古典的な柄ですが今でも洋服にたくさん使われているせいか、着物に慣れていない人にも馴染み易い気がします。
 柄on柄の日だったので帯揚・帯〆は生成りで飾りっけなしのシンプルです。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-25 23:45 | キモノでお仕事
ポリ小紋で工房見学と型染体験
d0141636_23104820.jpg 着付け教室の方々と総勢27名で東京小紋の染め工房へ見学と体験に行って来ました。
雨だったのでポリ小紋です。やや地味めな地色ですが柄は大きいので好きなタイプの柄行です。ポリに見えないちりめん風で分厚くないのにストンと落ちる感じが着心地良いです。d0141636_23105925.jpg
 帯周りには春らしさを取り入れたのですが、予報に反してとっても寒い日でした。真っ白に見える帯は織柄が入っています。京袋帯でタレが随分汚れていたのですが、使った形跡があんまりなかったので手先とタレ先を逆にして使っていますが特に問題ないです。
d0141636_23223354.jpg

帯揚はラベンダーのちりめん
帯〆は柄入三分紐
帯留はいつものガラス
ひと粒水晶の根付





d0141636_2324936.jpg


 型染や友禅染めの技法をご説明いただいてから、実際に柿渋の型で白生地に糊を置いていく作業の体験をさせてもらいました。力加減が難しい・・・!
d0141636_23263951.jpgd0141636_23264955.jpg
伊勢型紙は一枚20~30万円もするんだとか!刷毛は鹿の毛だそう。触るときめ細かくて案外柔らかかったです。
 江戸小紋や更紗に代表される型染めの工程を教わるとそれが高価なのもうなづけます。手染めの良さはフルオーダーできるということ。色も型も好きな物に指定ができるし希望のものになるまで何度も職人さんが長年の経験で培った技術を手作業でやってくれる、温かみがあって何十年も色あせない着物が出来上がるわけです。いつか、いつかきっと誂えたいです。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-24 23:32 | キモノでお出掛け
抹茶ラテ紬でお仕事
d0141636_21184566.jpg 抹茶ラテ色の無地の紬を着ました。
あと何回着られるかしら…。段々ヤケが気になるようになってきました。自分がもう駄目と思い始めるとダメなんですよねー。サイズが大きめなのでつい手が伸びてしまいましたが、誰かに一言でも言われたらもう着るのをやめよう…と密かに思っております。
d0141636_21185327.jpg
 帯も「もうそろそろ…」と思い悩んでいる昼夜帯です。色柄はとっても気に入っているのですがモヤモヤとした汚れがどうにも気になっております。でも、長さがたっぷりしていて巾出しできちゃうところが良いわーと今日また改めて感じてしまったのできっとまだ使うんでしょうな。
 帯揚は薄黄と生成りが交互に染められているもの。帯〆はライン入の。帯留は毎度のガラス。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-21 21:24 | キモノでお仕事
葉っぱと花の小紋でお仕事
d0141636_21105674.jpg クリーム地にオレンジの葉っぱと花が描かれた小紋を着ました。
 なかなか春らしい気候になってきませんが、店内はやっぱり暑くてヒーヒー言っています。

 帯は小花の柄です。短い帯なので結びにくいのですが、通し柄なのが救いです。今回はタレが足りなくなって、立ち上がりが見えない状態でした。
d0141636_2111467.jpg
 帯揚はちりめんのアップルグリーン。帯〆は真ん中から色が変わっているものです。後付の帯留はデカ薔薇です。
 最近は髪もどんどん簡単になってきております…もうちょっと時間かけてきちんとしなきゃとは思うのですが朝なかなか起きられずいつもギリギリで反省です。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-20 21:10 | キモノでお仕事
ポリ小紋でお仕事
d0141636_19314392.jpg 雨だったのでポリの着物です。ピンクの細かい市松模様です。最近、こういう明るい色に手が伸びるのはやっぱり春だからでしょうか。まだまだコートが手放せない日が多いのですが、今日はいくらか暖かだったような気がしますね。d0141636_19315141.jpg 
 角出しをするには若干芯が硬い塩瀬なごやです。カトレアなので季節問わず締められていいわーと買ってはみたもののなぜかなかなか出番がなかったのです。
 
 帯揚はラベンダーちりめん。帯〆はブルーと白の二色になっている三分紐にガラス帯留を。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-18 19:34 | キモノでお仕事
ウール着物完成
d0141636_19265358.jpg ようやく、本当にようやく完成に至りました。丸二ヶ月お休みしていたり、宿題は一切なしで、ほーんとにのんびり過ぎるほどのんびり作っていたので五ヵ月半もかかってしまいました。
 おまけに袷なんて縫ったことがないのに胴抜きを縫うという想像以上のややこしコース…。途中何度諦めかけたことか!八掛も洋服の裏地を選び、スマート仕立にしたりで色々オリジナルな感じになっています♪これが自分で作る最大のメリットですね。
 まだ寒い日も続いているのでなんとか一度くらい着られるといいなー。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-17 19:25 | 着物・帯
綸子の柄びっしり小紋でヱビスビール堪能
d0141636_10444425.jpg 綸子小紋です。小花と葉がびっしり入っています。薄黄色の地色がほとんど分からないくらいの柄です。お天気も良かったし、春らしさを意識して選びました。d0141636_1044546.jpg

 柄びっしり着物の時には出番がくるピンクの無地九寸なごやです。ちょっと短めなので手先をギリギリなだけ取って頑張ります。 帯揚はたっぷり見せていますが、落ち着いたグレーに。帯〆は柄入三分紐。くるりさんで作成したガラスの帯留は本当に大活躍!
d0141636_10495716.jpg 恵比寿駅近くの「cafe MANGROVE」でお値打ちランチで腹ごしらえ。大好きなガパオです。野菜モリモリでお腹いっぱいです♪
 携帯でクーポン見せてマンゴージュースをサービスでいただきました!
これで800円。素敵ックス☆

d0141636_10554074.jpg 

 今回の目的はヱビスビール記念館です。
レンガ造りの建物の間を地下へ降りるとあります。記念館だけあってヱビスビールの歴史などをじっくり学ぶことができます。2種類のヱビスビールの飲み比べができるヱビスツアー(所要時間40分)に申込みました。 素晴らしく笑顔のお姉さんが資料館をぐるっと案内してくれます。知らないことがいっぱいで勉強になります。
d0141636_110233.jpgd0141636_1102579.jpg
最後には、参加者全員でかんぱーい♪注ぎたての美味しいヱビスビールをグラスに二杯いただいて普通のヱビスと琥珀ヱビスとの味の違いを見極めながらほろ酔いになります~。
d0141636_1134083.jpg 缶ビールをグラスに注いで飲む場合の美味しい入れ方とかもレクチャーしてくれました。じっくり時間をかけて3回に分けて注ぐとほんわり泡がちゃーんと出来て素晴らしいお味になるそうです!自宅で試してみよう、と思ったのでした。
 何度行っても楽しめそうなので、次回はおつまみメニューのあるテイスティングサロンもゆっくりと利用してみたいなーと思います。
[PR]
by hudankimono | 2012-03-16 23:44 | キモノでお出掛け