ブログトップ
<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
絣柄の紬でお仕事
d0141636_23431763.jpg 主人のお祖母ちゃまがお姑さんに譲った着物です。お姑さんは仕立て直した後、結局一度も袖を通さなかったそうですが、私がバンバン着ます♪
 でも、ちょっとサイズが足りないのですけど…。お祖母ちゃまの着物はたいていのものは直さず着られますがお姑さんからの着物はほとんど小さくて大変です。d0141636_23432564.jpg
 この着物はやたらとお客様に『これは何つむぎっていうの?』と聞かれます。どこ産の紬かって気になるもんなんでしょーかね?私はあんまりこだわらないのでどこの紬だろーと着心地さえ良ければいっかーと思ってるんですが。 

d0141636_2343402.jpg 帯は、久しぶりに締めた昼夜帯。袋帯っ!?ってくらい長くて結ぶのも一苦労でした。以前締めた時はそんなに長いイメージがなかったのだけどなぁ… 帯留はセルロイド製のものです。極力色数を増やしたくなかったのですが、あまりにも地味に落ち着いてしまいそうだったので帯〆にだけポイントカラーを使いました。
d0141636_23435598.jpg
 半襟は紅若菜さんのところで染めさせてもらったもの。藍一色でシンプルに染めています。
ブーゲンビリアがうまい位置に来ていませんが。。。
 久しぶりに白半襟以外をつけた気がします。普段はもっぱら白半襟(またはアイボリー程度)派ですが、たまにはいいですね~♪

d0141636_2344931.jpg
 履物はまたこの下駄。やっぱり紬には下駄!って思ってしまうのです。この舟形の塗り下駄シリーズは重宝します。また買い足そうかな~ともくろみ中。

 それにしても今日は暑かったです…。私だけ!?
[PR]
by hudankimono | 2011-10-31 23:04 | キモノでお仕事
ポリ小紋でお仕事
d0141636_22584150.jpg 「ハロウィン」がテーマだったのですが、あいにくオレンジの物が手持ちになくてなんとなくオレンジっぽいかなというポリ小紋を引っ張り出してみました。
 サイズが大きくて滑るのでなかなか手強いのですが着てしまえばどうってことはないです。
d0141636_22585388.jpg 帯はいつものSALEで激安だったので何も考えずつい買ってしまったものの、出番がなくてずーっとしまってありました。あんまり使われた形跡がなくて綺麗だし長くて良いのですが、テロテロ過ぎたので…久々の三重ゴム紐でわさわささせました。
d0141636_236128.jpg
 全体図。やっぱり、ミシン縫いの引きつれのようなものが見て分かりますね。安いポリだなーというのがもろ分かりです…。
 帯揚はかなり使い込んでぼろぼろになってきたグリーンのちりめん。帯は結んでいるので帯〆要らず。かぼちゃがずらりと並んだリボンを帯〆代わりに巻いて結びました。d0141636_2374890.jpg

 足元は久しぶりの黄色いあいつ。もういい加減鼻緒を直さないと履きにくくていけません。
[PR]
by hudankimono | 2011-10-27 23:11 | キモノでお仕事
菊尽くしでお仕事
d0141636_10503587.jpg また地味色きものです。紺地の紬に乱菊が線で描かれ、上前にだけオレンジの大きな乱菊が染められています。
 当時の私にしては高価なリサイクル着物だったので、迷いに迷ってちょっと奮発した感じで購入したものです。付下げなのか紬なのか…着ていく場が少ないかと思っていましたが普段着にカテゴリすることにしました。d0141636_10504542.jpg
 帯も菊。ちりめん名古屋です。春は桜の帯として、秋は菊の帯として出番を作ります。ま、全体的にパステルなので春っぽい感じが強いのですけど。
どうしても薄くてヘロッてるのでお太鼓の決め線がピシッと決まらずふんがふんがします。絽綴れなんかもこうなりますね。きちんと結んでいるのに「なんとなく崩れてる?」に見えちゃうのが残念でなりません。
d0141636_0324318.jpg
 全体図。
身丈が長めなのでかなり腰紐が高めです。それでももう少し下げても良かったな、と反省。
身丈がまちまちなので、毎回腰紐の位置が変わるためおはしょりの長さもなかなか理想の長さでビシッと決まらないです…。
 昨日習ったことのひとつ、「長襦袢は伊達締め一本で」を実践してみました。衿が崩れないように、と今までは胸紐+伊達締めでしたが、紐なしでもイケますな♪
[PR]
by hudankimono | 2011-10-26 10:55 | キモノでお仕事
着付けのお悩み解決 受講
d0141636_1941887.jpg 裄だけは自分で直した大島です。袷の裄直し、しかも袖巾だけではなく身ごろ側からも少し出したので結構大変だったことは覚えていますが、同じことをもう一度やってみろと言われてももうできません。。。
 ちょっと渋めの色に写っていますが実物はもうちょっと「緑」です。泥染めじゃないし、柄行もなんだか不思議だしぱっと見大島には見えないですね。そして、久しぶりに着たらびっくりするほど見幅が足りない!もーこりゃあ仕立て直しするしかないわっ☆という一枚でした。無理くり着てやりましたけど。
d0141636_19411588.jpg
 帯も久々の登場♪獅子の染め名古屋です。随分薄手なので胴回りの補整は少し厚めにしました。帯〆は三分巾のものですが、帯留をすると獅子の顔にかかってしまうので、あえて帯留ナシ。短めの帯〆なので結び目も後ろに回しました。
 帯揚はもう結構ボロっちくなってきたミルク色のちりめんで。迷った時はクリーム色か生成色になりますね。多分一番多く使ってるのではないか、という帯揚です。
d0141636_19585348.jpg 今日のお出かけは青山。NHK文化センターの講座で、大久保信子先生の『着付けのお悩み解決』の受講でした。受講者の悩みを聞き出して一つずつ解決方法を教えてくださいました。前にいらっしゃい!と言って何が余分かどこが違うかを分かり易く説明してくださり、とっても面白く勉強になりました。色んな着方があるので様々な方法から自分に合ったものを選んでうまく取り入れたいと思います。
大久保先生はとっても華奢で可愛らしいのに時々ちゃきちゃきの江戸っ子のようになるところがチャーミングでした♪
[PR]
by hudankimono | 2011-10-25 20:01 | キモノでお出掛け
ろうけつ小紋でお仕事
d0141636_19501481.jpg あと腰周り2cm痩せたい…そんな微妙な一枚です。頑張って痩せるか、諦めて直すか…悩むわぁ~。
 少し地味かとも思いますが色が明るめなのであわせる帯によって色々変化を楽しめます。
今日はお客様にこの小紋を褒めていただきました。
 帯揚はgle縞オリジナルのイタリアンシルクの。なにげにグリーンが効いてるところがツボでございます♪
d0141636_19502392.jpg

 帯はオリエンタルあひるちゃん。この帯でのお太鼓は久々な気がします。最近腰の補整を少し減らしているので薄手塩瀬だとタレ部分にシワが入り易いです…反省。
 今朝もギリギリまで寝ていて着付けの時間に余裕がありませんでした。道明の冠組帯〆はこれだけで存在感があってピリッと締まるので忙しい朝にもってこいです!
d0141636_23294910.jpg 全体図はこんなん。携帯も故障し修理に出しました。
代替品、ちょっと古いしカメラの質もあんまりなのでやや画質落ちてます…。
ま、ピンボケくらいがちょうどいいかもしれませんが。

d0141636_2330318.jpg
 草履は薄ピンク台にハギレから作ってもらった鼻緒。薄い色の台は幅広く合わせられるので便利です♪小紋からちょっとした付下げくらいまでならこれでいけます!
[PR]
by hudankimono | 2011-10-21 19:55 | キモノでお仕事
付下げで明治座
d0141636_19274993.jpg 主人のお祖母ちゃまの付下げを着ました。シルバーグレー地に雁かな?渡り鳥が群で羽ばたいている様が描かれていて、上前の数羽だけに刺繍が入っています。
サイズ大きめでありがたいのですが、重くて滑りやすいので着付けはしにくかったです。
おまけに時間がなくて慌てて着付けているのに、「あー重ね衿、用意してなかったっ!」とかバタバタ走り回っていて疲れました。おかげでぐずぐずの仕上がり…d0141636_1928131.jpg
 帯もお祖母ちゃまの。更紗ですか?キンキラしていないタイプの袋帯なのでもっと小紋にも合わせたりして出番を増やしてあげたい一本です。
 重ね衿と帯揚はクリーム色。帯〆は着付け学院入学の際にいただいたもの。金が入っていない平組の帯〆とか、綸子の帯揚とか手持ちがほとんどないので買い足さなくては!と毎回こういう格好の時に思わされます。
d0141636_19363124.jpg
 明治座は二度目。去年も『大奥』でした♪ダイスキです!お席も奮発し四ヶ月も前から楽しみにしていたので役者さんの名前の書かれた幟が見えただけでもう大興奮です☆
d0141636_19375056.jpg



 気候が良いので、お着物の方もちらほら見かけました♪やっぱり観劇に着物は似合います。
※画像のたびにかんざしの位置が違いますね。プラスチックのもので滑りやすくすぐに落っこちてしまい何度も挿し直したりしておりました。

d0141636_19485585.jpgd0141636_1949330.jpg
[PR]
by hudankimono | 2011-10-20 19:26 | キモノでお出掛け
レトロな小紋でお仕事
d0141636_23294151.jpg 『珍しくアンティークなんですね』と言われました。
が、多分アンティーク調なだけでアンティークほど古くないと思います。リサイクルではありますが。
 全体的にまんべんなくぎっしりと柄が入っています。落ち着いた色なのでさほど抵抗なく着られます。

d0141636_23294992.jpg 帯はおそらくアンティークでしょうね。引き抜きの昼夜帯でした。ヤフオクでしたが状態が良かったです。
 でもやっぱり引き抜き帯は結びにくいのでお太鼓裏の見えないところに継ぎがくるように、お太鼓柄の部分を逆さまにして縫い合わせました。普通の昼夜帯として結べます。
 本やしおりが描かれています。地模様もしっかり入っていてなかなか粋な帯なのですが、色合いが着物と似ていたので合わせました。

 今日の気温は随分低くてひんやり感を味わいました。が、勤務先は室内なので空調が暑い!!1人でふぅふぅ言いながらたくさんのお客様の対応、頑張りました。
[PR]
by hudankimono | 2011-10-19 23:36 | キモノでお仕事
菊の小紋でお仕事
d0141636_2053527.jpg 菊ものを着なければ!と菊柄の小紋に菊柄の染めなごやを合わせました。
帯揚にグリーンを合わせたらなんだかサラダのようになりました☆色合いは春っぽい気がするのですがなんたって菊!なので秋に着たいのであります。
 ちょっと可愛いくなり過ぎか…!?と心配しつつも『着たいものを着る』が勝ちました。d0141636_2054112.jpg

 この帯は短くてなかなかちょうど良い柄が出ないことが多いです。今日も二回結び直しましたがイマイチでした。前もお太鼓も無地場が多くなってしまってます。
 おまけに柔らかくてへろへろな芯が入っているのでお太鼓もパリッと決まりません。仕立て直したいところですが、まぁ汚れもちょいちょいあるので直すまでもないかなーと思いつつ毎回帯結びに苦しんでいます。
d0141636_2102138.jpgd0141636_2102961.jpg
 最近は、多色使いしないで同系色でまとめるのを好んでいるような気がしますね。相反する色合わせを楽しむのも好きですが、色数を多くせずに着物と帯をつなげるような小物選びをして全体的にまとまりのある感じに仕上げることが多くなりました。
[PR]
by hudankimono | 2011-10-17 21:04 | キモノでお仕事
日の丸つむぎでお仕事
d0141636_2291626.jpg 朝には雨がやんでいたのですがいつまた降るか心配だったので、多少濡れても心配のない日の丸紬(ウール混)で。
 帯は存在を忘れていた九寸なごや。随分前に新品で購入したのですがテイストが違うものばかりの手持ちの着物と合わない…と決め付けてしまいこんでいました。
 今回は全体的にモダ~ンな感じに仕上げました。
d0141636_22114473.jpg
 結構個性的なので、シンプルな着物の方が合わせ易いのですが、日の丸でも案外すんなりいけた気がします。この着物、きちんと柄を合わせてあるところがニクいポイントです♪
 帯揚は久しぶりの山吹色。
 帯〆は市松の細丸ぐけ。
d0141636_22153075.jpg またこの下駄で。
黒台の下駄にしよーかとも思ったのですが下駄箱開けたら黒台の下駄は箱にしまってあり、出すのが面倒で目に付いたこれにしちゃいました。(てーぬーきー)
[PR]
by hudankimono | 2011-10-16 22:17 | キモノでお仕事
日本いけばな芸術展へ
d0141636_208510.jpg 日本橋高島屋でやっているいけばな展のチケットをいただいたのでお友達を誘って行って来ました。
まずは、ニホンバシイチノイチノイチでランチを。やっぱりお魚をチョイス♪銀だらの西京味噌焼きです。美味しっ。日本橋を眺められるテラス席は気持ちよかったです!!
d0141636_2094770.jpg





 やっぱりここで写真♪なわけです。
d0141636_20115975.jpg 日本橋高島屋に入るとででーーん!と大きないけばながっ☆おったまげました。すんごいサイズです。太くて立派な枝がいっぱい使ってありました。迫力~!みんな写真撮ってました。

d0141636_20121167.jpg このいけばな芸術展はもう43回目だそうですが、華道を知らない私は初めてでした。色んな流派の方々の作品が一同に集まっていてその数に圧倒されます。展示会場も広くて行けども行けどもいけばなです!!
 会場内は写真撮影自由なのですが、私はあいにく携帯カメラのみ。イマイチな感じのしか撮れなかったのが残念でなりません…。d0141636_20171714.jpg
d0141636_20175062.jpg

d0141636_20184792.jpg
 ボリューミーなお花たちを満喫してテンションが上り、喉も渇いたし甘いものが欲しい♪と千疋屋でフルーツサンドをいただきました。
パフェにしよーか相当悩みましたが、やっぱりフルーツサンドに。パンと生クリームのコンビって最強だと思っております!
d0141636_20205360.jpg
 なかなか携帯での撮影は難しく、家の鏡ではうまく納められないことが判明しております。鏡なしで撮るとこの程度がギリです…。
 着物は珍しく「ちょっとよそいき小紋」です。綸子で華やかなお花の柄行でところどころ入ってる金がゴージャスなのです。袋帯にしようか迷ったのですが、やっぱり名古屋で。ピンク無地が久々の出番でした♪
[PR]
by hudankimono | 2011-10-14 20:25 | キモノでお出掛け