ブログトップ
パンジー小紋でお仕事
d0141636_10441080.jpg 母の着物だった一枚です。よぼよぼした花で埋め尽くされた小紋。見る人によってはパンジー。ということで分かりやすくパンジー小紋と名付けております。
 着物を着ようと思ったとき、母のたんすを開けて思いのほかいっぱいある!と嬉しくなったことを思い出します。興味がない時には見ようともしなかったもの、好きになるととたんにたくさん目につくようになりますね。新しい車を買うと同じ車種が案外いっぱい走ってることに気付く、みたいな。
 『意識する』ということがとても大切。着付けを習っているときは着物を着ている方を見る度に衿が綺麗とかお太鼓が曲がってるとか自分が気になるところを観察したものです。
 あえてお直しおばさんのようにしゃしゃり出て伝えることはしませんが、綺麗に着るだけで自身の美を引き出すんですもの、少しでも綺麗に見せた方がいいと思っています。
[PR]
by hudankimono | 2014-12-07 23:47 | キモノでお仕事