ブログトップ
幾何学柄の大島でお仕事
d0141636_2346244.jpg ずいぶん暖かい気温だと予報で見たので軽い大島を選びました。真っ黒に見える地味だけれどモダン幾何学柄大島は主人の祖母の形見。シュッシュッと心地良い衣擦れの音とよく着こまれていて柔らかくて体に沿う感じが最高です!なに、これ!?と毎回思わされます♪紬でもちょっと細く見えるのは色だけの効果ではないはず。今日はやけにこの着物がしっくりきて驚きました。

帯には少し春を投入しようと久しぶりに博多八寸なごやを締めました。良く締まります。一巻き目と二巻き目がズレないという快適さ♪
d0141636_2346943.jpg ダイスキです。やっぱりもう一本買おうかしら。(←ずっと言ってますね)
 帯揚はわさび色。帯〆だけは少し重い深緑をチョイスしましたが、裏面の生成り多めの方を出して深緑の分量少な目にしときました。
[PR]
by hudankimono | 2014-03-14 23:49 | キモノでお仕事