ブログトップ
格子きものでお仕事
d0141636_20244815.jpg シボの大きなちりめんのような地ですが柄は織で入っているのでおそらく古いタイプのお召であろうと思っている一枚です。洋服ではジャケットやらカーディガンやら羽織らないと肌寒いという朝でしたのでこの地厚きもので過ごしやすい気温でした。
 そういえば帯も含めて格子ものって好きですねー、いくつ持ってるんだろう??
 帯ももうすっかり袷でいーでしょ、という感じになってきたので堂々と塩瀬の九寸にしました。おなじみオリエンタルあひるちゃん。お太鼓の金駒が取れかかってきました。いつまで〆られるかなー。d0141636_2025966.jpgリサイクルで名古屋のコメ兵で数千円でしたからすっかり元は取れました。
 帯揚は二色染め分けのちりめん。なんとなく二色が出るように結びました。ぼたん色の三分紐(厳密にいうと房がしっかりあるので三分巾の帯〆ではありますが)に、雨待ち小町さんの市松リボン帯留です。
d0141636_20252236.jpg

 履物は相変わらず梅屋さんのクロコ活躍中!
[PR]
by hudankimono | 2013-09-27 20:34 | キモノでお仕事