ブログトップ
ピンク牡丹の小紋でお仕事
d0141636_19535941.jpg ようやく単衣を着ていても普通に過ごせる気温の日が出てきました。今日も単衣襦袢に単衣小紋です。
仕立て直して着るようになった始めの頃の一枚です。袷の着物でしたがとろんとした感触が「単衣で着たい」という感じだったのでほどいて洗い張りして仕立てて…とのんびり自分のものになりました。
グレーの着物のように見えますが地の色は生成り。四季の花々がほとんどグレーでびっしり描かれている中、牡丹だけがぼかしの桃色で染め抜かれています。
 可愛らしいけれど可愛過ぎない甘さが気に入っている一枚です。見た目にも6月・9月両方いけるというのも嬉しいです。d0141636_1954780.jpg

 帯は博多八寸。単衣の時期は(もちろん袷の時期も)こればっかになります。いつもこれね、と思われるほどです!

d0141636_19543321.jpg

 帯揚はちりめんわさび色、水色の三分紐に市松帯留は雨待ち小町さんの。先日とは反対側を出しています。柔らかいので仕事中でも何かにぶつかったり、傷つけたりせず安心して過ごせます♪
 ブルー×パープルのタッセルは夏っぽいなーと購入したものですが、私は寒色系を入れるのダイスキなので季節問わず活躍させます。
[PR]
by hudankimono | 2013-09-10 20:39 | キモノでお仕事