ブログトップ
笛柄の綸子小紋でお仕事
d0141636_0322974.jpg もう最後の袷かな~、涼しい時間に出勤だったので仕立て直しが上がってきたばかりの綸子小紋を着ることにしました。通勤電車の中もエアコンがしっかりでわりと平気だったのですが、胸の谷間をつたう汗が気持ち悪っ!!と思いながらの日でした。
 この着物は上野の松坂屋の催事で洒落きもの助六さんが出てた時に購入したものです。胴裏にほつれがあるのと八掛がオレンジなのと袖丈が短いのが気にはなるものの、サイズは大きくて内揚もたっぷりあったし仕立て直せばいーかーと。お値打ちだったので反物代として考えれば安いわ!という判断でした。
 そのままの状態で数回着て、洗い張り→仕立ててもらいました。八掛は今回地味めなグレーよりの小豆色ぼかしに。大人っぽくしております!
d0141636_0325863.jpg 帯はろっこやの♪新作帯留の告知の際にこの帯の上に合わせていたのですが、先日のイベントで並んでいたので迷わず『買う!!!』ハイ!私が買いました☆今後も発売予定だそうですが、一本だけあった商品私のとこにあります、みなさんごめんなさい~。ほほほ。
 パールトーンに出していたのがやっと出来上がったのでぎりぎりセーフでなんとか5月中に締めたかったのです。生地はとても柔らかいのでちょっとくたっとなるんちゃうん!?と不安がありましたが、お太鼓部分は芯がしっかりしているので角出しもぱりっと決まりますよ。シルクなのできっちり締まります。薄い生地にありがちな芯とのズレもまったくなし!さすがの和裁士さんです♪色もダイスキだしモダンでシャープな柄行に一目ぼれだったのでうれしくて仕方ないっ!(あ~、テンション上がり過ぎて叫びたい)
 レモンイエローの帯揚にイエローベージュの三分紐、梅屋さんの蛇帯留。
[PR]
by hudankimono | 2013-05-23 23:38 | キモノでお仕事