ブログトップ
江戸小紋でご挨拶
d0141636_21393535.jpg えんじ色というか深いチェリーのような色の江戸小紋を着ました。中行儀でしょうか。45度にきっちり並んだ点々から「お辞儀の角度と同じ」とされ目上の方に礼を尽くすという意味があるのだそうです。江戸三役は他に「通し」「鮫」がありますが、それぞれにもまた意味があります。
 今回は着付講師の先生方にご挨拶と、今後のスケジュールやらの簡単な打合せを兼ねた展示会見学という場でした。目上の方ばかりがいらっしゃる場だったので私なりの礼を尽くしました。d0141636_21394836.jpg
 帯は先日仕立て上がってきたばかりです。袋帯だったものですが、二重太鼓にすると汚れがお太鼓部分に少しかかるし、二重太鼓はあんまり結ぶ機会もないかーと思い切って名古屋帯にしてもらいました。難あり商品ということで大特価だったので失敗しても惜しくないと思ったのですが大成功でした♪前部分は名古屋帯の軽さがあり(袋帯だと前が四枚だが名古屋は二枚)お太鼓も作りやすいのに袋帯のゴージャス感はきちんとある!訪問着などには締められなくなりましたが、紋のない色無地や江戸小紋にはちょうど良い帯となりました☆
[PR]
by hudankimono | 2012-10-12 22:23 | キモノでお出掛け