ブログトップ
単衣小紋で写楽
d0141636_21114866.jpg雨の心配もなく気温も上がりそうだとの予報だったので単衣小紋を着ました。
大好きなてろてろタイプ。本来ならばきっと袷で仕立てるような柔らかい正絹着物です。生成り地に葉と実が描かれています。6月でも9月でもイケる柄行・サイズがあってて綺麗な正絹単衣。この条件を満たすものはなかなかお手ごろ価格で見つかりません…。
だからこれは超ヒットでした♪d0141636_21115711.jpg

 帯はヘロヘロな八寸です。もぅヘロヘロ過ぎて半巾帯の扱いで締めていましたが、今回はお太鼓にしたかったので幅広の帯枕を使いました。
 帯揚げはくすんだピンクの綸子。帯〆は白イ烏さんの三分紐。帯留はListoのaiさんにオーダーしたもの。
d0141636_21261817.jpg 上野の国立博物館の写楽を観て来ました。すんごいボリュームでお腹いっぱいになりました☆
もっと歌舞伎に詳しかったらさらに面白かったんだろうなーと思いましたが、版画ならではのみどころを分かり易く展示してあったのが良かったです。
 浮世絵大好きですがまだまだ勉強不足で詳しいことがちっとも分からないままなので反省です。(毎回、もっと勉強せねばと思いつつ帰ってきます)
 『たった10ヶ月間であれだけたくさんの作品を残すのは無理!写楽は十人くらいいたんだよ!』という知らないおじさんの声に思わずうなずいてしまいました☆
d0141636_21313316.jpg
 敷地内は前日までのたっぷりの雨でイキイキとしたグリーンが広がっていて木陰には気持ち良い風が吹いていて清々しい初夏を満喫しながらのんびり歩きました。
 お友達も単衣です。素敵な紬でしたー♪d0141636_2134998.jpg

 たっぷり写楽を堪能した後は喉がカラカラだったのでお茶タイム。
 カメラ談議・着物談議であっという間に夕方でした。

 今日も充実したお出かけでした。共通の趣味がある友人は本当にありがたい存在です。そして帯のぐだぐだとかもチョチョイと直してもらえるのが嬉しいです。
[PR]
by hudankimono | 2011-05-13 21:37 | キモノでお出掛け