ブログトップ
和裁教室へ
d0141636_18312267.jpg 紬ですが、上前にだけ大きな菊が描かれています。随分前に購入したのですが、紬なのにこの柄行!位置づけがイマイチ分からなくてあんまり着ていませんでした。付下げとおっしゃる方もいるし、紬だから普段着でいいのよとおっしゃる方も。
「ちゃんとしたところに着て行きたい」というより「ちょっとちゃんとして見られたい」時に着ようかなと思っている一枚です。今日は夜予定があったのでこれをチョイスしましたが急に予定がなくなってしまい和裁教室だけのためにこれを着て行くことになりました。d0141636_18313420.jpg
 パキッとしたオレンジが目を引く着物ですが、上半身が地味なので帯も同じオレンジにしました。キジの刺繍なごやです。不思議なのは前帯が牡丹の刺繍…。
今日も皆さんに不思議がられました。
 和裁教室では初の『袷の裄出し』に挑戦です。先生いわく大変仕立てが良いもので直すのも楽。なかなかこれほどの仕立ての着物には出会えないとも言われました。

d0141636_18503081.jpg それがこちら。
浅草の羽子板市とか
夫とお出かけとか
博物館酢の里とかに着ています。
 まーよく着ていられるわと思うほどの裄62cmですよ。私は裄が短いんです。お誂えでも64.5cmなのです♪
今回、1~2cm出ればいいかなと思っていたのですが、袖の縫い代いっぱいいっぱいまでと、身ごろの肩で1cm近くとで計4cmちょっと出します。 大島なのでハリがある分余計裄が短く感じられるので自分サイズより大き目が良いのです。
 なんだかんだと時間がかかり1回のお教室では終わりそうになく次回に持ち越しです!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ

[PR]
by hudankimono | 2010-11-09 18:53 | キモノでお出掛け